ホームヘルパーとは?

ホームヘルパーとは、高齢者・障害者の家を訪問して生活をサポートする役割を担う仕事ができる資格のことです。訪問介護員とも呼ばれています。ホームヘルパーは「級」によって、できる仕事が変わります。
具体的には、ホームヘルパーの1級を取得すれば、主任ヘルパーとしてのサービスを提供できるようになりますし、ホームヘルパーの2級を取得すれば、身体介護のサービスのサービスを提供できるようになりますし、ホームヘルパーの3級を取得すれば、家事援助のサービスを提供できるようになります。
逆に、介護が負担だと感じる人は、ホームヘルパーを利用すると良いでしょう。ホームヘルパーは介護の経験が豊富なので、気軽に相談できるはずです。

ホームヘルパーの資格を取得するには?

ホームヘルパーの資格を取得するには、どうすればいいのでしょうか。お勧めは、以下の専門学校・通信講座です。

<ホームヘルパー2級>
◆ダイエックス
ダイエックスで、ホームヘルパー2級の資格勉強ができます。詳しくは以下のページにて。
ダイエックス

■介護の資格を取得する!





介護・福祉の資格なら、このサイト